• [20] 2017/02/21 22:18

    私は前からJKとセックスしようと思ったのです。
    首筋を人差し指で撫でてみたりしたのです。
    私はいつも体のいろんなところをつついては遊んでいるのです。
    耳を輪郭に沿って撫でてみたり、腕の内側をさすったりしてみました。
    そのためJKのセックス動画が見れると思ったのです。
    もう、ここまでくるとただじゃれているだけでは終われないのです。
    息も体も熱くて、何より私の腰のあたりにあるものが固かったのです。
    そして少しずつ下着を下げようとしたのです。
    もちろん気持ちが通じていなくても援交はできます。
    お尻を見せまいとして、私の手を払いました。
    私は、足の付け根との境目がすごく弱いのです。
    寝転がっているせいで、全身に感じてしまうのです。
    耳元で囁きながら、すでにその手は私の体を撫で始めていました。
    そしてJKのセックスの動画を見れば興奮できるのです。
    あまりにも恥ずかしくて、脚を合わせていました。
    服も下着もすべて脱がされてしまったのです。
    まだ生理が来なくて妊娠したのか心配になりました。
    もう、触ってほしくてしょうがなくて、私はおねだりしました。
    もともと初体験は済ましていたのです。
    その長い指で奥まで触ってほしかったのです。
    今でこそ中出しするのが、お約束になってす。
    起き上がり、私の膝に手をかけ開こうとするのです。
    早く触ってほしい気持ちが、私の迷いを消したのです。
    今の私はきっと物欲しそうな、 瞳をしているはずです。
    指が私の中に入ってくるのがわかって感じてしまうのです。
    援交したことを、まだ許してないみたいです。
    でも、これだけでは満足できないのです。
    もっと太く、固くて、大きいものがほしかったのです。
    ゆっくりと私に覆いかぶさりながら、アナルに触れました。
    突き上げられるたびに私の口から声が漏れたのです。
    そして、1分ほどフェラしていました。
    本当なら妊娠しているはずなのに平気でした。
    個人撮影したいのですが、ただそれをどう伝えて良いのか悩むところなのです。
    それを直接感じて私は気持ち良さに包まれたのです。
    抱き合ったまま全身を密着させて余韻に浸ってました。
    これがかなり気持ちよくて、私はこの時間が好きでした。
    そして、付き合う前の微妙な時に援交をしてしまったのです。
    私の感じやすい耳元に熱い息を吹きかけられたのです。
    処女だったので、後ろから抱きしめられただけで力が抜けました。
    普段では、ありえないような切ない声で求めてしまったのです。
    シックスナインをしてくれたのです。
    そしてセックスされそうになりました。
    初めて会ったたのですが、その間ほとんど無言でした。
    時折、撫でたり抱きしめたりしながら舐めてくれました。
    とにかく15歳と、まずはキスをしようと思いました。
    できたらもう少し話したり反応して欲しいと思います。
    私の物足りない気持ちをわかってもらいたいのです。
  • [19] 2017/02/21 22:18

    そういう性格であれば、ある程度は仕方のないことだと思います。
    これから、援助交際をする時の緊張感がいいのです。
    優しいのできっと私の気持ちも伝わるような気がします。
    やはり自分の気持ちをきちんと伝えることが大切なのですね。
    16歳ならもっと快感が味わえると思うのです。
    もちろん、個人撮影することが喜びなんです。
    心地よい愛撫を目指して頑張りたいと思います。
    どんなに親しい間柄でも自分からは極力しないと決めてました。
    処女喪失した日は、なかなか寝付けなかったことを覚えてます。
    それだけ気があるという風に捉えてみることにしました。
    セックスするのって気持ちの良いのです。
    援交していたのか、とても気になります。
    私は、可愛い顔であるかどうかを気にしはじめました。
    最低でも手をだすなら17歳が良いのです。
    打ち解けあうことで、どんな人とでもラブホに入れるようになりました。
    しかし、時には本当の意味で関係を持つのが難しい場合だってあります。
    私は過ちを犯さないか、いつも不安でたまりません。
    そういう時はJKとセックスするのです。
    顔見知りであれば、そんな間違いなんて起こすはずもないのです。
    体の関係も持ってはいけないと頭ではわかっていました。
    まんこを舐めることができたのです。
    そう思っていながらも、ややもすれば間違いを犯す可能性だってあります。
    無修正のDVDを見るのが好きだったのです。
    その際には非常に複雑な気持ちになってしまったものです。
    ふと魔がさして肉体関係を持ったことがあります。
    どちらからというでもなく疎遠になってしまったのです。
    私は、セックスしたかっただけです。
    こういうことがあると途端に気持ちが萎縮してしまいます。
    もう以前のようには付き合えないという負い目がありました。
    この点が気になって仕方がありません。
    私の下心を見透かされているようで何できなかったのです。
    色々な思いに駆られてしまって裸になってしまったのです。
    私は、セックスをするつもりです。
    必ずしも身体のみで繋がっているわけではなかったのです。
    その気がある素振りをみせて、誘ってみることにしました。
    時間をかけてゆっくりとうちとけて、親密な関係になりました。
    また次に会う約束ができるようになりました。
    下着を脱いで始めて、豊満な体だとわかりました。
    自然な流れで寝室に連れ込むことができました。
    こんなところでセックスしたのです。
    個人撮影したくても、正直、どうすればいいかわかりません。
    何度か顔を合わせるうちに親しくなっていったのです。
    魅力を感じるようになり、もっと知りたくなったのです。
    両想いの関係なので、とても尽くしてくれました。
    とても美少女で、なかなか手を出せなかったのです。
    LINEに投稿してあげたのです。
    出会い系の掲示板では何につけても受身になりがちでした。
    堂々とした仕草に惹かれ、つい夢中になってしまいました。
    しばらくは、中出しされたことは忘れることにしました。
    積極的に楽しもうとする姿勢をもつことにしたのです。
    上手に関係を築いていくことができました。
    豊満な体だったため、私には高嶺の花でした。
    尽くすことに時間をささげることを生きがいにしてました。
    まずJKのセックス動画を見ることを考えました。
  • [18] 2017/02/21 22:17

    しかし、ただの甘えたいだけの付き合いだったのです。
    嫌な顔ひとつせずに裸になったのです。
    きっと、憧れの気持ちがあり、自分が思っていたより背伸びしてました。
    そして、意気投合して付き合うことになったのです。
    今までにない快感を与えれば、魅力的に感じるはずです。
    良いことも悪いことであっても、すでに過ぎたことして忘れることにしました。
    今でさえ、月に2回しかクリトリスを舐めてくれないのです。
    その苛立つ感情を自分自身で抑えられなかったのです。
    自分の性欲を抑えようとする力がなくなってしまいました。
    私は性欲を満たすため、援交してしまいました。
    しばらく時間がたてば、冷静になってくれるかもしれません。
    気が済むまで、触らせてあげれば次第に性欲も鎮まると思います。
    私は、セックスすることに抵抗感があったのです。
    セーラー服に気づけなかったため、機嫌が悪くなってしまいました。
    大事なのは身体を委ねることです。
    そして、無意識のうちに個人撮影されたのです。
    明日、明後日になったとしても、根気よく誘うつもりです。
    待つ姿勢をみせれば、気持ちも変わってくるはずです。
    前から行きたがってたところに付き合うことにしました。
    一緒に寝る気があるのかを見極めることも大事です。
    私は、まず見た目を好きになります。
    自分は、綺麗な子を手に入れる力を持っていると信じてました。
    きっと巨乳を揉むのが精一杯だったのでしょう。
    頭の中でJKとセックスしたいと思ってました。
    手に入りそうで入らない状態が続くと、執着するようになります。
    上手に駆け引きをして、ベットを供にするように仕向けます。
    私は楽しくなって、乳首を舐めまくったのです。
    また、無料の画像を見ないと興奮が治まらなくなっていました。
    本当に好きにならないと抱くことはできないのです。
    たいぶ疲れてきたので、フェラをしていたのを止めました。
    服を脱いだことで、それなりの覚悟があるとわかったのです。
    つまり、レイプしたことを勝手に許してもらったことにしたのです。
    それでも気持ちが変わらなければ付き合いを続ければいいのです。
    とにかく会えば、当然体の関係も出来るかと思います。
    親しくなればなるほど性欲が高まっていきました。
    私は、セックスすることで充実感を得られたのです。
    自分のものだったはずが離れていったことで、執着心が芽生えました。
    Twitterで伝えられるかもしれません。
    自分のものでなくなると、余計に気になりだしたのです。
    長い間、尽くし過ぎてしまったせいで別れられないのです。
    そうしないと手遅れになってしまうかもと思いました。
  • [17] 2017/02/21 22:17

    元の関係に戻りたいと強い態度にでたのです。
    JKとセックスしたという話は本当かもしれません。
    パンツが見えたことでやる気が出たのです。
    個人撮影してから、休憩してまた再開するという感じなのです。
    別の好きな人が出来てしまってからでは遅すぎます。
    なんとなく落ちてきたと感じたなら、抱きしめればいいのです。
    こちらが決断すれば、手にすることが出来ます。
    援交をする約束をしたことを忘れていました。
    それで私は、JKのセックスの動画を見たかったのです。
    本気で好きになり、かけがえのない存在だと感じたのです。
    どうやら本能がそうさせているらしいのです。
    私のことをどう思っているのか分からないのです。
    個人撮影をしたかったのです。
    自分が好意があることをほのめかせたのです。
    おまんこを見せたくなるかもしれません。
    私は、怒鳴られながら、パンツを下ろしたのです。
    なるべく意識してセックスしたい気持ちを出さないようにしました。
    もしかして、自分に気があるかもと勝手に思ってしまったのです。
    ひざを突き合わせて目を見つめました。
    私はJKのセックス動画を見たかったのです。
    出会いの回数を増やせば、そのうちうまくいきます。
    大きさに拘って、大事なことをおろそかにしがちでした。
    身体の中で一番感じるところを舐めたのです。
    毎日に飽き飽きしているせいか、誰に束縛して欲しかったのです。
    さっきまで散々いじっていたのに再び舐めたのです。
    私に覆いかぶさり、脚を開かせて体を入れてきました。
    徐々に速く強くなる指の動きで、すごく濡れてしまいました。
    自分は、JKとセックスする予定でした。
    私の感じるところをゆっくり撫でるのです。
    生ハメされる、この瞬間がたまらないのです。
    18歳は自分からすすんで股間を開いていました。
    私はもっと感じたくて脚を広げたのです。
    もう一年も、JKのセックス動画を見ているのです。
    自分の妹のは、なかなか可愛い方だと思うのです。
    他人からすれば遊んでいるようにしか見えないもしれません。
    そんな派手な格好で誘惑しておきながら、セックスをさせてくれません。
    つまりチャットで知りあったことで負い目を感じてました。
    私の目から見てもなかなかそそる体をしていたのです。
    慣れた様子でこちらに近づいてきたのです。
  • [16] 2017/02/21 22:17

    ブラジャー越しに胸の柔らかさが感じられました。
    私の感じるところは、だいたい把握されてしまっているのです。
    ここまで来たら止められるはずないのです。
    ミニスカートをふちをつまみ、少しづつ上げていきました。
    下着が食い込んだところを見せつけてきたのです。
    乳首なら隠すことも出来ないわけではありません。
    私自身、出会い掲示板で恥ずかしい体験をしてしまいました。
    つまりを使えば知り合えることがわかったのです。
    おかしなところは何も無いと思っていました。
    それが頼めないから、いまだにセックスが出来ずにいるわけです。
    私の胸元を見ていることはあきらかだったのです。
    そして、脱がされてしまうわけですけど、それだけでは終わらないのです。
    体を触ったあとに、関係を迫ってきたのです。
    どこにいっても私に付きまとってくるのです。
    私は裏DVDを見て性欲が高まってしまいます。
    私も、結局そうするしかないのでしょう。
    私は完全に洗脳されてしまったのです。
    セックスをした、あの日から全ては変わってしまったのです。
    そして疑問を抱くこともなく、服を脱ぎました。
    私も何もかもを覚えているわけではありません。
    援交したいから、会ってくださいと書き込んだのです。
    可哀想だと思うほど、勃起してしまうのです。
    どうしても、個人撮影したかったのです。
    異性として見るようになってから、性欲を刺激されるようになったのです。
    小麦色をした肌に引き締まった身体にそそられました。
    私は、せっかちで待つことができない性分だったのです。
    疲労のあまり注意力が鈍っていたのかもしれません。
    このままでは、ハメ撮りされてしまいます。
    そういう機会を持つことが出来なかったのです。
    あまりのめり込むことが出来なかったのです。
    下半身を触られて気持ちよくて、喜んでしまったのです。
    私はJKのセックス動画を見ることで、そそられるのです。